前へ
次へ

池袋の不動産の業績の明暗について

いままでのおりの営業方法では成り立たなくなった今、あたらしい営業スタイルができ始めている。
お金さえあれば個人でもできるような簡単な内容なのだが目のつけどこで池袋の不動産の価値も変わってくると言えるだろう。
現在池袋の不動産業は赤字赤字とそれを気にして削減傾向にあるが実は逆に放出するのが良いとされているジャンルがある。
それは内装や不要だった戸棚や押し入れの改造を施したリニューアル物件だ。
外装に拘らずあくまでも生活スペースとしての快適さを重視してうように思う。
実際にリニューアル中の物件を見てきて完成してからも見に行ったがなかな住み心地の良さそうなきれいな物件に生まれ変わっていた。
そういった不動産業者の目のつけどころが今後の命運を分けるのではないのだろうか。

池袋の不動産投資の基本中の基本

池袋の不動産投資したい人。
タバコやめましたか?このタバコがもし1箱1000円になるとどうなってしまうんでしょうか?もし、1日2箱吸ったとしましょう。
1日で千円!1ヶ月でなんと60000円です。
1年で72万円です。
このお金があれば、安い不動産ですと、もう池袋の不動産が買えてしまうんです。
これは冗談ではなく本当のことなんです。
土地付き建物が72万円そんな物件があるんでしょうか?実はあるんです。
そんな物件が。
まあ、これは不動産競売物件の話なんですがね。
べつに72万円だからといって、建物が腐っているわけではありません。
本当にあるんですよ。
そんな物件が。
不動産投資の大原則は、安く買って安く貸す。
これ基本中の基本です。

Page Top