前へ
次へ

池袋の不動産って20年で買い替え

池袋の不動産投資で、木造住宅はどうなんでしょうか?例えば、40年もったってしまっている物件とか・・そんな古い物件がいいわけがないって思ってる方は、たくさんいると思います。
実は、税法上、住宅ってのは20年から22年くらいで減価償却は終了してしまいます。
ようするにどういうことかというと、価値がまったくのゼロってことなんですよね。
なので、20年経つと建替えずべきだと言われています。
どう思います?20年ですよ。
そんな国、日本だけでしょうね。
20年に1度ずつ家を立て替えている人なんていると思いますか?そんなことしてたら。
20年間働いてきたのは、池袋の不動産を買うためだけってことになってしまいます。
それでは本末転倒なのではないでしょうか?

池袋の不動産を買うと言うこと

池袋の不動産を買うと言うことは、とても勇気がいることだと思います。
家は一生の買い物と昔から言われていますが、池袋の不動産価格が非常に高いものである以上、それは当然でしょう。
いろんな人がとっても長いローンを組みながら、なんとか生活していく。
そういうものである以上、その選定はとっても重要なことだと思います。
そこで必要なのは、いろんな情報を見比べたり、根気を持って探すことなのではないでしょうか。
例えば、すごくよさそうな候補地があるのであれば、雨の日も晴れの日も現場に行ってみると言うのも大事かもしれませんね。
現状に満足するのではなく、少しでも良い物件を探し歩く覚悟が、池袋の不動産を探す上で最も大事なことなんだと思っています。

Page Top