前へ
次へ

池袋の不動産のサイクルについて

池袋の不動産は一般に6年サイクルであると言われています。
池袋の不動産を取得しようと思った、または売却しようと決断したきっかけは6年サイクルであることが多いのです。
たとえば、子供が小学校に入るとき、中学校に進学するとき、高校、大学へ進学するとき、子供が社会人になり、家を巣立ったとき、結婚したときなどです。
人生において、タイミングというものは大変重要です。
特に不動産という大きな買い物はタイミングを一度逃してしまうと、次に動けるきっかけが何年後になるかもわかりません。
そのため、不動産を購入しよう、売却しようと思い立ったときがそのときなのだと言えます。
そのときの税制や経済状態を考えても可能であるならば、まずは動いてみることがよいと思います。

池袋の不動産購入のための住宅ローンの詳細について

池袋の不動産において、自己資金が頭金であるということを誤解して、契約してから諸費用が必要であるということに気づいたり、入居後に部屋のサイズにあった家具やカーテンを購入する費用が必要であることに気づいたなどの失敗談があるようです。
また、長期にわたる返済の途中には、病気やケガ、転退職など不測の事態によって収入が減少する可能性があるようです。
そのような事態に備えて、少なくとも半年分の生活費がまかなえる程度と当面のライフイベントのための貯蓄を残しておくべきでしょう。
池袋の不動産の住宅ローンの融資限度額は、購入価格の8割までが一般的ですから、頭金は、最低でも購入価格の2割は必要になってきます。
購入価格の8割を超える融資が受けられる住宅ローンもあるようです。

Page Top